豆乳 DE 健康

女性をサポートする豆乳

豆乳には女性がキレイで健康的な生活をサポートする成分が多く含まれています。

豆乳で美肌生活

冬の乾燥、夏の紫外線など、女性はお肌の悩みに敏感です。体外からのケアも大切ですが、お肌にとっては体内からのケアも大切です。ビタミン、レシチン、サポニンが含まれている豆乳は、女性の美肌作りに効果が期待されています。 肌の健康を保つために有効な「美容ビタミン」といわれるビタミンB1、B2、B6がたっぷり含まれています。また、レシチンには細胞の働きを正常に保ち新陳代謝を活発にさせ、肌の生まれ変わりのリズムを正常にする作用があります。さらに、サポニンには抗酸化作用があり、肌の老化の原因となっている活性酸素を抑えることで、若々しい細胞を保つことができ、紫外線や乾燥など様々なダメージからお肌を守り、シミやそばかすなどの予防にもよいといわれています。

豆乳で便秘解消に期待

便秘に悩んでいる女性は多く、下剤などを飲んですっきりしている人も多いようです。出来ることなら薬に頼らず快適な生活を送りたい、と思っている女性も多いはず。 豆乳には、オリゴ糖がたくさん含まれており、肌荒れの原因ともなる便秘解消効果が期待されています。 オリゴ糖は、小腸で吸収されず大腸まで届くので、腸内にいる善玉菌が活躍します。ヨーグルトなどと一緒に食べることで、ビフィズス菌や乳酸菌の栄養にもなり効果が期待されます。

イソフラボン減少をサポート

豆乳の成分である「イソフラボン」は女性特有の悩みを緩和してくれる働きがあります。 女性は更年期を迎えると卵巣機能が低下し女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、コレステロールや中性脂肪が増加したり、不眠、イライラ、うつなどの様々な体調の変化が起こります。イソフラボンは更年期で減少してしまう女性ホルモンのエストロゲンに類似しており、弱いながらも女性ホルモンに似た働きをすることから、症状の緩和が期待され、更年期が気になる女性には欠かせない成分といわれています。

<豆乳の有効成分と期待される効果>  
【美肌、肩こり、ホルモン分泌を気にする方】 ビタミンE
【骨粗鬆症予防の期待】 カルシウム・大豆イソフラボン
【コレステロールの心配】 サポニン・レシチン・大豆たんぱく
【便秘解消に期待】 オリゴ糖
【がんの予防の期待】 大豆イソフラボン
豆乳ではじめるアンチエイジング

脳のアンチエイジング

豆乳の主成分のひとつである大豆レシチンには“ホスファチジルセリン”が含まれています。これは脳の神経細胞の膜を形成する栄養素で、脳細胞に高濃度で存在しています。この「脳の栄養素」と呼ばれる“ホスファチジルセリン”は、体内では生成されにくいため、食品から摂取する必要があり、ホスファチジルセリンが含まれている豆乳を飲むことで、記憶維持、学習能力、集中力維持などが期待されています。

知って得する豆乳の力【レシチン】

肥満体質の改善及び予防・動脈硬化と老化防止への期待

知って得する豆乳の力【サポニン】

がん予防への期待、骨粗鬆症予防

知って得する豆乳の力【イソフラボン】
中高年の健康に豆乳

血中コレステロールを正常に近づける

コレステロールが高い人は、食品から摂取するコレステロールが多いことや体内で合成されるコレステロールの調節機能がうまく働いていないことなどが原因と考えられます。 コレステロールを下げるには食品から摂取する飽和脂肪酸や糖質を減らしたり、有酸素運動を長時間続けて余分な脂肪分を消費することが効果的です。 豆乳は植物性の飲料でノンコレステロールですので、コレステロールを気にする方にも安心して飲むことができます。さらに、豆乳の原料となる大豆成分にはコレステロール調整作用があるため、血液中のコレステロール値を下げて正常に保ち、血液の老化を防ぎ、高血圧や動脈硬化を予防すると期待されています。

肥満予防には

知って得する豆乳の力【サポニン】

がん予防、骨粗鬆症予防への期待

知って得する豆乳の力【イソフラボン】

脳の老化予防、コレステロール減少で生活習慣予防への期待

知って得する豆乳の力【レシチン】
子供の成長をサポートする豆乳

現代人の食生活は動物性たんぱく質に偏りがちです。 しかし、豆乳に含まれる植物性たんぱく質は発育に大きな効果をもたらす「リジン」を多く含み、たんぱく質のバランスがよくなり、子供の成長をサポートしてくれるといわれています。